top of page

こどもの成長とあしの関係

スタッフの平峯です!


皆さん子供の足の問題といえば何が思いつくでしょうか??




それは・・・「偏平足」です。


現代のこどもは


外で遊ぶ機会が少なかったり・・・

裸足になる機会が少なかったり・・・

車で移動する機会が多かったりと・・・



足を使う機会がかなり減っているといわれています


足の骨(足根骨)は歩き始める1歳までは4つしかなくまだ未完成で

足の裏のアーチ(土踏まず)もまだありません。


おとなのような足のアーチは6~7歳で完成し、足の骨になると

20歳前後で完成するともいわれています

それほど長い時間をかけてこどもの足は成長していきます


この成長の時期に、家の中でゲームばかりしたり歩く機会が少なかったりすると


こどもの足がきちんと成長しなくなってしまいます


足が成長しないと、運動能力の低下やケガのリスクにつながります


こどもの成長は足で決まる!!!


と言っていいくらい足を使うことは大事なのです





MPL.では大人からこどもまで様々な年代の様々な目的の方たちが運動を


楽しくおこなっています!


身体のことで気になることがあればどんな些細なことでもお気軽にご相談ください!



閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page