top of page

「プロテイン」の選び方

ダイエットを始めた時や筋トレを開始したとき

 

何となくプロテインは飲んどかないとな…

 

で飲んでいる方は多いかと思います。

 

しかし、プロテインは種類も多くのどの種類を飲んだら迷った経験はありませんか?

 

そこで今回はプロテインの種類をご紹介していきたいと思います。

 

まずは、一日のタンパク質の摂取量です

 

一般の人で体重1kgあたり、0.8g

 

身体を大きくしたい人やアスリートでは体重1kgあたり、1.2~1.7g

 

と言われています。

 

食事である程度のタンパク質は摂取しているので

 

プロテインは一日2~3回(1回20gがほとんど)を目安にすると良いです

 

 

次に本題の種類です

 

①ホエインプロテイン

②ソイプロテイン

③カゼインプロテイン

 

の3種類があります。





①ホエインプロテイン

 

牛乳から乳脂肪分とカゼインを抜いたタンパク質です

1~2時間程度かけて吸収していくため、吸収が早いという特徴があります。

 

プロテインの中では、一般的に摂られていて必須アミノ酸も多く含まれているため

身体作りにおすすめです!

 

※吸収が早いため、胃や腸に多少の負担がかかるためお腹が緩くなる方もいます

その場合は、この後に紹介するソイプロテインを摂ることをおすすめします!



②ソイプロテイン

大豆に含まれる植物性たんぱく質です

3~6時間で吸収させれるのが特徴です

 

大豆由来の食物繊維やイソフラボンなどが含まれており、不足しがちな栄養素を補うことができ、

脂質・糖質が低いためダイエット時のタンパク質摂取に向いています。



カゼイン プロテイン

③カゼインプロテイン

牛乳の主成分の乳タンパク質でできています

6~8時間程度かけて吸収されていきます

吸収速度が遅いのが特徴です

 

そのため満腹感が持続し、長時間筋肉にタンパク質を供給できるのも特徴です



プロテインはトレーニングしている方だけではなく、普段の健康の為

食事は賄いきれない、タンパク質を補う目的で摂取してもOKです!


それぞれの目的にあった、プロテインを摂取していきましょう!


 


閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

暑さに慣れるためには…

皆さんこんにちは、春日市春日原にあるパーソナルジム Medical Physio Lab.です 前回の水分補給による、熱中症の対策に続いて 今回は、運動の習慣化による熱中症対策についてお伝えしていきます。 皆さんは【暑熱順化】という言葉を知っていますか?? 暑熱順化とは‥‥ 身体が暑さに慣れることです。 熱中症対策には、この暑熱順化が大変重要です。 体温が上がった時は、発汗による気化熱や、心拍数の

Comments


bottom of page